月別: 2014年7月

相手の気持ちを考える

相手の気持ちをくみ取る練習をしましょう。

近頃の人たちは「せつない」とか「寂しい」とかの繊細な気持ちを感じるゆとりを失っているように感じます。

これは時代の流れと言えば仕方が無いのですが、できる限り相手の話を聞いて気持ちをくみ取るようにすることで、変わってくることもあるかと思います。

たとえば、ずっと好きだった彼女から告白されたときってどんな気持ちでしょうか。成人になったあなた方には忘れかけてる気持ちかも知れませんが、思春期の少年にとっては「嬉しい」だけでは表現できない感情でしょう。そういった気持ちを自分目線だけで無く相手の立場になって考える事は会話をしコミュニケーションをとるうえでとても重要なことだと感じます。

マシンツールのエム・ティ・エス

ちょっとくらい大げさでも聞いてる事を相手に伝えましょう

会話を楽しく続けるには聞くことがとても重要です。

そしてその聞く行為によって相手が楽しく話せるかどうかがあります。

それは只心の中で相手が言ってることを理解してるだけではだめです。

聞いているときは聞いていることを伝えなければいけません。

反応を相手に分かるようにします。多少大げさでもかまいません。

相手があなたの反応に気がつかなければその話題はつまらないと判断して、会話が止まってしまいます。

うなずき方もゆっくりうなずいたり、大きくうなずく事で違いを持つことも大切です。

聞いてくれてると思えば話しては話しやすく、会話が続くもんです。

Loading...
X